IT KALEIDOSCOPE ■

―ITカレイドスコープ― ライター・エディターとして活動し、ベンダーのビジネスサイドでの経験のある筆者が、ITやガジェットの世界の今後を占いつつ日々のあれやこれやの話題も交えながら奮闘するブログです。

■筆者プロフィール:戸桝茂哉(とますしげや)/紙媒体とWeb媒体向けに執筆をしているライターです。IT業界と代議士秘書を経験し各種の著作も手がけています。最近は企画段階から参加する形で各種のWebメディアへコンテンツを供給するお仕事を多くさせていただいています。講演実績多数あり。メディアへの出演もお受けしております。ご連絡は下記の「メール(フォーム)」よりお願いいたします。

■戸桝茂哉 プロフィール

戸桝茂哉

戸桝茂哉 wantedly

最新記事
記事検索
▼メッセージはこちらから 各種執筆お受けしています・ご依頼大歓迎です!▼

名前
メール
本文

あらためて思う「サイボウズ式」の秀逸さ

  • November 30, 2017

サイボウズ式2017_1120















日本国内のオウンドメディアを語る時に 、必ずと言っていいほど引き合いに出される事例のひとつが、サイボウズ社の「サイボウズ式」です。

メディアのスタート時期からして、先駆者であることは間違いないですが、その運用思想そのものが特徴的かつオウンドメディアのあるべき姿を体現していると言っていいと思います。

そのポイントですが、

■社長自らがオウンドメディアの重要性を理解していた
■KGI/KPIを気にしない
■対外的なブランディングに活用
■社内のモチベーションアップやコミュニケーション向上に活用

KGI/KPIを度外視していることからも、単純な数値ではなくて、ユーザーとのコミュニケーション、「定性的」な部分を重視しているのが分かります。

また、自社メディアを立ち上げる上で私も何度か経験していますが、社内のいろんな部署を巻き込んでアセスメントやファシリテートをしないと肝心のコンテンツたる記事すらまともに書けません。その意味でオウンドメディアは社内のコミュニケーションを図るのに実は非常に有効だと言えると思います。

実は、サイボウズ式は、PVはそれほど多くありません。しかし対外的な認知度向上やサイボウズ社のブランディングには絶大な効果を上げています。

従来のメディアやPR手法ではできなかったことができる、無限の可能性を秘めているのがオウンドメディアと言えるでしょう。

ブレードランナー2049

  • November 22, 2017
ようやく映画「ブレードランナー2049」を観てきました。
たぶんネタバレがあると思いますのでお読みになる方は注意です。

前作が制作された1982年から実に35年経って公開された今作。
リドリー・スコットは製作総指揮に回っています。

出演者を見てみると、ハリソンフォードはもちろん、
エドワード・ジェームズ・オルモスも出演していて、
前作ファンの一人として感慨深いものがありました。

主演のライアン・ゴズリングの存在感も充分で、
一部で言われているような違和感は感じませんでした。

脚本はよく練られていると思います。
時折、非常に冗長とも感じる長いシーンや情景描写があるんですが、
これは前作同様の世界観を描く上では必要なものだと思います。
その意味でも163分という時間は必然ではないでしょうか。

とても良かったのは、主人公が大事にしているホログラム化した
女性のAIの人間味が上手く表現されていた点です。

レプリカントという人造人間がはたして愛を持ち得るかという
物語の根底の部分と重なるところなんですが、
とても詩的で哲学的なテーマをよく具現化していたと思います。

まあしょうがないんですが、昨今のエンターテイメント前面推しの
ハリウッド映画にあって、非常に独特の雰囲気とテーマ性のある
作品にまとまっていると思います。

前作が有名すぎるだけに、どうしても前作の番外編的な扱いになりそうな感じですが、
そもそも番外編にならざるを得ない宿命の映画とも言えるので、
いろいろな制約の中で制作陣もがんばったんだなというのが、
ひしひしと伝わってきました。


いいことづくめ?NTTドコモが5G技術をアピール

  • November 15, 2017

本年中にも仕様策定完了が目途になっているモバイル通信方式の第5世代(5G)移動通信方式ですが、NTTドコモが開発状況をメディア向けに公開したようです。

そもそも5Gは、現在主流の通信方式4Gの約10倍の毎秒20ギガビットの高速通信や4Gの約10分の1の低遅延が謳われています。現行の通信状況では、ネットワーク上のトラフィックの増大が著しく、早期での5Gの移行はなにも総務省やキャリア側の利益というだけではなくて、ユーザー側にもメリットは大きいでしょう。

今回のNTTドコモによる5Gのプレゼンでは、ロボットも使われたようで、ロボットの上5Gの低遅延の特長を生かして人間の動きに合わせて、ほぼ同時にロボットが動くデモンストレーションもされました。5Gの持つ低遅延をアピールする狙いですね。実際これは遠隔操作などに応用できるのでドローンビジネスとか、場合によっては医療行為にも活用できるでしょう。

このあたりの使い方だとヤマハと協力して商用化を目指している、遠隔地にいる音楽家同士が遅延を感じることなく合奏できるサービスの実験公開などもされています。またVR技術の進捗にも重要で、360度撮影の動画などをやりとりするのにも充分耐えうるものと思われます。

いいことづくめのように思われる5Gですが、一方で3G回線の停波などが現実的になってきますが技術と市場の進歩の前にインフラが更新されるのは宿命でもありますね。なにせ電波は有限ですから。

新型aiboの「あざとさ」

  • November 04, 2017
2017年11月1日に発売されたソニーのロボット犬、aibo。
高性能のAIを搭載していることとあわせて、より実際の犬に近づけたルックスも話題を呼んでいます。

ソニーストア aibo公式
http://aibo.sony.jp/store/

ルックスについては個人の好みによる所が大きいので、
あまり論評してもそんなに意味があるのかなあと個人的には思いますが、
筆者はいままでの歴代のaiboの中では一番好きな見た目です。
かわいい(笑)

それはそれとして、今回のaiboの特徴は、運用費用がかかること。
つまりスマホのように一括かもしくは月額でサポートサービスに加入する
必要がある点です。

一括だと9万円(税別)、月額だと2980円(税別)とのこと。
一般的なリアルなワンちゃんだとひと月の生活費が1万円前後かかると
言われていますから、大人を試す価格設定とも言えます(ちなみに新型aiboの本体価格は約20万円)。

価格ですべて割り切れるわけではありませんが、
なんらかの理由で本物のワンちゃんが飼えない、
あるいは純粋にこうした最新のAIを搭載したロボット好きにとっては、
目が離せないアイテムですね。

実際飼ったらすごく愛着沸きそう。





タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
IT KALEIDOSCOPE ■