IT KALEIDOSCOPE ■

―ITカレイドスコープ― ライター・エディターとして活動し、ベンダーのビジネスサイドでの経験のある筆者が、ITやガジェットの世界の今後を占いつつ日々のあれやこれやの話題も交えながら奮闘するブログです。

■筆者プロフィール:戸桝茂哉(とますしげや)/紙媒体とWeb媒体向けに執筆をしているライターです。IT業界と代議士秘書を経験し各種の著作も手がけています。最近は企画段階から参加する形で各種のWebメディアへコンテンツを供給するお仕事を多くさせていただいています。講演実績多数あり。メディアへの出演もお受けしております。ご連絡は下記の「メール(フォーム)」よりお願いいたします。

■戸桝茂哉 プロフィール

戸桝茂哉

戸桝茂哉 wantedly

最新記事
記事検索
▼メッセージはこちらから 各種執筆お受けしています・ご依頼大歓迎です!▼

名前
メール
本文

新型aiboの「あざとさ」

  • November 04, 2017
2017年11月1日に発売されたソニーのロボット犬、aibo。
高性能のAIを搭載していることとあわせて、より実際の犬に近づけたルックスも話題を呼んでいます。

ソニーストア aibo公式
http://aibo.sony.jp/store/

ルックスについては個人の好みによる所が大きいので、
あまり論評してもそんなに意味があるのかなあと個人的には思いますが、
筆者はいままでの歴代のaiboの中では一番好きな見た目です。
かわいい(笑)

それはそれとして、今回のaiboの特徴は、運用費用がかかること。
つまりスマホのように一括かもしくは月額でサポートサービスに加入する
必要がある点です。

一括だと9万円(税別)、月額だと2980円(税別)とのこと。
一般的なリアルなワンちゃんだとひと月の生活費が1万円前後かかると
言われていますから、大人を試す価格設定とも言えます(ちなみに新型aiboの本体価格は約20万円)。

価格ですべて割り切れるわけではありませんが、
なんらかの理由で本物のワンちゃんが飼えない、
あるいは純粋にこうした最新のAIを搭載したロボット好きにとっては、
目が離せないアイテムですね。

実際飼ったらすごく愛着沸きそう。





Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
IT KALEIDOSCOPE ■