IT KALEIDOSCOPE ■

―ITカレイドスコープ― ライター・エディターとして活動し、ベンダーのビジネスサイドでの経験のある筆者が、ITやガジェットの世界の今後を占いつつ日々のあれやこれやの話題も交えながら奮闘するブログです。

■筆者プロフィール:戸桝茂哉(とますしげや)/紙媒体とWeb媒体向けに執筆をしているライターです。IT業界と代議士秘書を経験し各種の著作も手がけています。最近は企画段階から参加する形で各種のWebメディアへコンテンツを供給するお仕事を多くさせていただいています。講演実績多数あり。メディアへの出演もお受けしております。ご連絡は下記の「メール(フォーム)」よりお願いいたします。

■戸桝茂哉 プロフィール

戸桝茂哉

戸桝茂哉 wantedly

最新記事
記事検索
▼メッセージはこちらから 各種執筆お受けしています・ご依頼大歓迎です!▼

名前
メール
本文

あらためて思う「サイボウズ式」の秀逸さ

  • November 30, 2017

サイボウズ式2017_1120















日本国内のオウンドメディアを語る時に 、必ずと言っていいほど引き合いに出される事例のひとつが、サイボウズ社の「サイボウズ式」です。

メディアのスタート時期からして、先駆者であることは間違いないですが、その運用思想そのものが特徴的かつオウンドメディアのあるべき姿を体現していると言っていいと思います。

そのポイントですが、

■社長自らがオウンドメディアの重要性を理解していた
■KGI/KPIを気にしない
■対外的なブランディングに活用
■社内のモチベーションアップやコミュニケーション向上に活用

KGI/KPIを度外視していることからも、単純な数値ではなくて、ユーザーとのコミュニケーション、「定性的」な部分を重視しているのが分かります。

また、自社メディアを立ち上げる上で私も何度か経験していますが、社内のいろんな部署を巻き込んでアセスメントやファシリテートをしないと肝心のコンテンツたる記事すらまともに書けません。その意味でオウンドメディアは社内のコミュニケーションを図るのに実は非常に有効だと言えると思います。

実は、サイボウズ式は、PVはそれほど多くありません。しかし対外的な認知度向上やサイボウズ社のブランディングには絶大な効果を上げています。

従来のメディアやPR手法ではできなかったことができる、無限の可能性を秘めているのがオウンドメディアと言えるでしょう。

タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
IT KALEIDOSCOPE ■