IT KALEIDOSCOPE ■

―ITカレイドスコープ― ライター・エディターとして活動し、ベンダーのビジネスサイドでの経験のある筆者が、ITやガジェットの世界の今後を占いつつ日々のあれやこれやの話題も交えながら奮闘するブログです。

■筆者プロフィール:戸桝茂哉(とますしげや)/紙媒体とWeb媒体向けに執筆をしているライターです。IT業界と代議士秘書を経験し各種の著作も手がけています。最近は企画段階から参加する形で各種のWebメディアへコンテンツを供給するお仕事を多くさせていただいています。講演実績多数あり。メディアへの出演もお受けしております。ご連絡は下記の「メール(フォーム)」よりお願いいたします。

■戸桝茂哉 プロフィール

戸桝茂哉

戸桝茂哉 wantedly

最新記事
記事検索
▼メッセージはこちらから 各種執筆お受けしています・ご依頼大歓迎です!▼

名前
メール
本文

Windows Phoneの「日の名残り」

  • October 11, 2017
今回は、Windows Phoneの話題です。

Windows Phoneといえば、巨大ベンダーで知らない人はいないあのMicrosoft社のスマートフォンプラットフォームです。独自OSを搭載していて、タイル状のピースをレイアウトして、そのピースのひとつひとつがアイコンになっている特徴的なUIを見たことがある人も多いのでは。

個人的に記事を書くためのサンプルとして、あるいは店頭でホットモックを何度もさわったことがあるのですが、UIそのものも分かりやすくデザイン性もあって、なおかつOfficeなどMSのアプリケーションやサービスとの連携も良くて使いやすいなとの印象です。

しかしスマートフォン市場で出遅れたWindows Phoneは、iPhoneやAndroidのシェアを奪えずに、ついに新規のデバイスは出さないことになったそうです。今後はサポートのみの提供となるそう。タブレットやモバイルとの親和性を大きな要素としてきた本丸ともいえるWindowsそのものの設計やUIに今後どう影響するかも気になります。

ただWindows Phoneが終了と言っても、ブラウザのEdgeなど多くのアプリケーションやモバイルデバイスベンダーとのビジネススキームやマーケティングの知見は資産として引き継がれていくでしょうから、MSとしてもモバイル市場に関しては、もしかしたらいつかまた再チャレンジするのかも知れませんね。

Googleがモバイル向けに手書き入力システムの提供を開始

  • July 30, 2012
GoogleがandroidとiOS向けに手書きでの入力システムの提供を開始したと発表した。試しに筆者も手持ちのAndroid2.3搭載端末でブラウザ経由でGoogleにアクセスした所、難なく手書きでの検索時の入力を試す事が出来た。日本語入力にも対応している。

使い方は[スマートフォンなどでブラウザでgoogleにアクセス → 設定をタップ → 手書き入力を有効にチェック → 保存 ]だ。これで手書きでの検索を使えるようになる。詳しくは下記の動画を参照されたし。

Handwrite, a new way to search on Google (youtube動画)
 

とかくスマートフォンなどだとトグルやソフトウェアキーボードだとボタンが小さかったりして、状況によってはなかなか使いづらかったりという声もあるようだが、これでかなり検索もスムーズになるかも知れない。

docomo GALAXY S II SC-02C などのandroid4.0へのアップデートを一時中止

  • July 09, 2012
docomoは7月3日よりユーザーの「GALAXY S II SC-02C」をAndroid 4.0にするアップデートの提供を開始しましたが、即座に中止する事態となりました。GALAXYユーザーの多くにとって待ちに待ったandroid4.0へのアップデートだけに、水を差された感を持った人もいたかもしれません。事象は一部端末で「キーボードが強制終了し、文字入力ができなくなる。」といったもの。比較的軽微な事象と推察でき、再提供が待たれる所。こうしたOSアップデートは特に海外メーカー製の端末の持つ大きなアドバンテージだけに早急に対応していただきたいものです。また、今後はデフォルトで4.0が搭載されている端末については、メーカーの内外に関わらずアップデートを提供するという前提にしていただきたいとも切に思います。

HTC J(ISW13HT)レビュー

  • June 08, 2012
仕事柄、HTC J(ISW13HT)を詳細に触らせていただく機会がありましたのでレビューいたします。

■スペック

・キャリア:KDDI
・OS:Android 4.0
・CPU:MSM8660A
・Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n (2.4GHz 5GHz)
・幅: 約66mm
・高さ:32mm
・厚さ:10mm
・重量:約142g
・連続通話時間 (音声通話時) :約560分
・連続待受時間:約310時間
・ディスプレー:4.3インチ
・ワンセグチューナー
・おサイフケータイ

※いずれもカタログ値

大きさは、iPhoneより一回り大きく、Galaxy S II  lTEなどよりも一回り小さいといった所。CMの方向性からも幾分女性受けを狙ったのか、丸みがあり、ソフトなデザインであるという印象。また、結構な時間、外部電源に接続しませんでしたが、タスクキラーなどを使わなくてもバッテリー持ちが良いです。WEBの閲覧やアプリの稼動などかなりさせましたが、余裕でまる一日もちました(動画連続再生し続けるという状況ではさすがに減りが激しいでしょうが)。

タブレット向けに開発されたAndroid 4.0ですが、いよいよスマートフォンへの搭載が標準になってきました。UIも非常に優れていて、Android 2.6.xと比較しても、より操作性やアニメーション処理のスムーズさが洗練されて来ています。ひとつ気になったのが、ワンセグの受信感度が少し弱いなあという点です。概ねAndroid 4.0搭載機の同時期発売モデルとしては及第点ではないでしょうか。

ホーム画面
003

外観
s6_39_a


au製品サイト
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw13ht/index.html
タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
IT KALEIDOSCOPE ■