IT KALEIDOSCOPE ■

―ITカレイドスコープ― ライター・エディターとして活動し、ベンダーのビジネスサイドでの経験のある筆者が、ITやガジェットの世界の今後を占いつつ日々のあれやこれやの話題も交えながら奮闘するブログです。

■筆者プロフィール:戸桝茂哉(とますしげや)/紙媒体とWeb媒体向けに執筆をしているライターです。IT業界と代議士秘書を経験し各種の著作も手がけています。最近は企画段階から参加する形で各種のWebメディアへコンテンツを供給するお仕事を多くさせていただいています。講演実績多数あり。メディアへの出演もお受けしております。ご連絡は下記の「メール(フォーム)」よりお願いいたします。

■戸桝茂哉 プロフィール

戸桝茂哉

戸桝茂哉 wantedly

最新記事
記事検索
▼メッセージはこちらから 各種執筆お受けしています・ご依頼大歓迎です!▼

名前
メール
本文

huluだけじゃないクラウド動画配信サービスのまとめ 2013年8月版

  • August 29, 2013
映画と海外ドラマ好きとしてhuluは非常に良いサービスですが、速いペースで観すぎたせいで、観るコンテンツがほとんど無くなってしまいまして、他の動画配信サービスにも加入してみました。いろいろと調べた結果、かなりネットでの動画配信サービスも進化していましたので、まとめてみます(あくまで個人的な感想です)。

■TSUTAYA stick

http://www.discas.net/netdvd/entrance/campaign19.html

レンタルDVD店舗などを展開するTSUTAYAの動画配信サービス。NTT東日本などとも提携してNTT東の光回線を導入している場合などには一定の優遇措置(ポイントで機器やコンテンツを購入できる等)がある。

【概要】

・その名の通り、HDMI接続の大きなモバイルデータ端末のような形状の機器をデジタルテレビのHDMI端子に差 
 し込んで動画を視聴する仕組み。

・wifi環境が必要。

・スマホをリモコンとして使うのでスマホ必須。ちなみにスマホでは動画を視聴でない。

・機器買い取りと月額パターンの二種類ある。月額だと480円+レンタル料金がかかる。

・機器買い取りだと7000円(キャンペーンで5800円)で、フレッツメンバーズクラブのポイントも使える。ちなみ 
 に私はポイントを使って機器買い取りで2000円ほどで手に入れた。

・さすがツタヤさんだけあって、新作から旧作まで豊富に揃ってる。

・レンタル料金は新作1本400円(200円~)ほど、旧作は100円のものも結構ある。

・テレビで映画を観るにはいいサービスかも知れない。PCやスマホ等での視聴を前提としていないので、クラ
 ウドとは言いがたい面もあります。


■TSUTAYA 動画配信

http://www.discas.net/netdvd/vod/top.do?pT=0


【概要】

・TSUTAYA stickとは別にツタヤが提供する動画のクラウドサービス。

・IDをTSUTAYA stickやDICUSなどと共通化する事が可能。

・PCでは専用のソフトをダウンロードして視聴する(※HDMI接続必須なので注意)。

・PCはMacに未だ未対応(2013年8月時点)。

・スマホもandoroid端末の一部に対応しているが、まだまだ対応している機種が少ない。

・レンタル毎に料金を支払う方法と月額見放題がある。

・月額見放題は対象の作品が限られるが、980円で20本まで観れる。


■Gyao(Yahoo Japan)

http://gyao.yahoo.co.jp/

【概要】

・Yahoo Japanが提供する動画配信クラウドサービス。

・無料動画と有料コンテンツがある。

・有料コンテンツは基本的にコンテンツ毎に課金。

・無料でもかなりのコンテンツが観れる(昔はコンテンツが正直少なかったが、かなり改善された印象)。

・アニメが豊富。

・PCでの視聴のほか、スマホでも観れる。かなりいろんな機種に対応している。


■U-NEXT

http://pc.unext.jp/home/pickup

【概要】

・PCおよびスマホで視聴可能なクラウドサービス。

・月額1990円で「見放題」などのコンテンツを視聴可能。

・月額の中に630円分のポイントが含まれて、そのポイントでPPV作品を視聴可能。

・新作から旧作までコンテンツが豊富。

・スマホの対応機種の幅も広い。

■hulu

http://open.hulu.jp/?ver=20130814

【概要】

・PCおよびスマホで視聴可能なクラウドサービス。

・月額980円で基本的に全てのコンテンツを視聴可能。

・新作映画などはほぼ登録されない。

・海外ドラマも旧シーズン中心。

・スマホの対応機種は比較的多いが、新機種やイーモバイル端末の対応などが遅れてる。



<まとめ>

かつてはBSやCSやレンタルでした観れなかった映画やドラマなどがネットを介して時と場所を選ばずに、また貸出中で観れないなんて事が無い状態で視聴可能な時代となりました。ただ、同じ「クラウド」と言っても対応機種の幅に違いがあったり、料金やコンテンツの中身や数に違いがあります。それぞれの趣向や生活スタイルに合った動画配信サービスを選ぶのがより良いでしょう。また料金もかなり下がって来ているので、ご紹介した以外のGoogle Playやitunes store、NHKオンデマンドなども含めて複数のサービスに登録したり、利用することを検討してもいいかも知れません。 
タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
IT KALEIDOSCOPE ■